ピカッと輝く白さで笑顔に自信|矯正歯科を利用して健康な状態に保つ

歯の模型

早めに治療しよう

治療

人は、虫歯や歯周病にならないために朝起きた時や寝る前、食事をした後などは歯磨きを行います。しっかり磨くことで、歯の汚れや食べ物などのカスが落ちるのです。しかし、時間をかけて磨いているつもりでも、実際には、歯ブラシでは届かない場所などには、汚れが溜まっているものです。これらを放おっておくと虫歯や歯周病などになってしまいます。そうならないためにも、歯ブラシが届かない場所や目に見えにくい場所などは、デンタルフロスなどを使用して汚れを落とすようにしましょう。そうすることで、歯を綺麗な状態で保つことができるのです。

石神井公園近くにある歯科では、虫歯や歯周病などの治療の他にも、歯に溜まった歯石やプラークなどを除去してくれたり、正しい歯磨きの仕方を指導したりしてくれます。歯石とは、歯の汚れが歯と歯の間に溜まり、長い間放置されることで、石のように固くなることです。歯石になった汚れは、歯と歯の間にこびりついており歯ブラシでは中々落とすことができないため、石神井公園近くにある歯科に通って特殊な道具で落とす必要があるのです。歯石をそのまま放置しておくと、プラークに溜まっている雑菌が歯石を住処としてしまい、歯の周りの骨を溶かしてしまうのです。歯の骨が溶けてしまうと、歯を支えていた土台がなくなってしまい歯が抜ける恐れがあるのです。そうならないためにも、早めに石神井公園近くにある歯科で歯石をとってもらい予防しておくようにしましょう。治療を行う際には、前もって医師に相談しておくことが大切です。